本文へスキップ

トラックサポーター 行政書士 川村日出男(カワさん)事務所です。

電話でのご相談・お問い合わせはTEL.076-461-4694

ご相談・お問い合わせはこちら

改善基準・乗務時間等告示相談室を開設


労働時間管理は 労務管理の基本中の基本です。

これらを正確に実施できなければ、運転者に支払う賃金、中でも割増賃金の算定方法を誤ってしまいます。
また、改善基準、乗務時間等告示を遵守するためには、労働時間に休憩時間等を加えた拘束時間管理が欠かせません。

運転者の時間管理を漫然と行っていると、労働基準法違反として処罰の対象となるばかりでなく、本来支払われるべき賃金との差額をさかのぼって支払う必要にせまられます。
また、いわゆる長距離手当や旅費等の支払い方によっては、結果として最低賃金法違反に問われることにもなりかねません。

過労運転防止の観点から、トラック運送事業にかかる国土交通省の行政処分が強化されました。

中でも1か月の拘束時間の上限違反又は休日労働の限度違反があった場合、これらの違反があるだけで「車両停止処分」が課せられます。

『相談室開設記念』〜 先着10名(1社1名)のドライバーの運行状況を無料分析 〜



長距離運転に従事する運転者の1か月の拘束時間、労働時間、時間外労働時間、深夜早朝時間等の集計とその結果から導き出される行政処分等について細かく説明する相談窓口を開設


相談窓口開設を記念して、先着10名(1社1名の運転者)について、無料で分析いたします。


※提出されたデータ又は書類は、お返しできかねます。必ず原本のコピーを提出して下さい。
 個人情報保護の観点から、資料の取り扱いには十分な注意を払います。

運行状況分析の申込方法


長距離運転者のうち、

●最も労働時間又は拘束時間が長いと考えられる方「1名の方の乗務記録1か月分」をpdf形式でのファイル添付によるメール送信若しくは郵送又は持参して下さい。(pdfファイル添付のメール推奨)
※FAXでの送信はデータの読み取りが困難なためご遠慮下さい。

●会社名、住所、担当者名、連絡先電話番号・FAX番号、連絡用のメールアドレスを記載したもの

●乗務記録にかわるものとして、
 運行日、出発地、目的地、貨物の積み下ろし等の運行内容を記載した次のもののうち一つを提出して下さい。(登録番号、運転者名は必ずしも記載する必要はありません。)

・アナログ運行記録計を装着されている場合:走行チャートが読めるよう少し濃いめにコピーされたチャート紙を運行日ごとに分けて提出
・デジタル運行記録計を装着されている場合:運行日ごとの走行チャートがわかるようプリントしたものを提出
・運行記録計の装着義務がない場合:運行状況を記録(線引き)した乗務記録(運転日報等)を提出


店舗写真

information事務所情報

行政書士 川村日出男事務所

〒939-8208
富山市布瀬町南1丁目15番地3
TEL 076-461-4694
FAX 076-413-6011
→ご相談&お問い合せ

→アクセス


【所長ブログ】
「カワさんの独り言」はこちら
不定期更新でHPに書ききれないことや小生の独り言をアップ